アーデンホーム大垣は、輸入住宅(2×4)を販売する会社です。また、建築設計監理を中心に企画・コンサルティング・マネジメントなどを行う設計事務所です。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

アーデンホーム大垣 オリジナル ゼロエネ住宅

 

bHOUSE 断面図

bHOUSE 断面図

 

bHOUSE 断面図

 

ネット・ゼロ・エネルギーハウスとは

趣旨

我が国では、「エネルギー基本計画」(2014 年4月閣議決定)において、「住宅については、2020 年までに標準的な新築住宅で、2030 年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、ZEHという)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。

 

「そこで弊社では、受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEH含む)が占める割合を2020年度までに50%以上を目標として取り組んでいます。」

 

 

ZEHの定義

以下の①~④のすべてに適合した住宅

 

① 強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(ηA値、 気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値が1と2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K] 相当以下、 4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)

② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減

③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)

④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

 

 

Nearly ZEHの定義

以下の①~④のすべてに適合した住宅

 

① 強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(ηA値、 気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値が1と2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K] 相当以下、 4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)

② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減

③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)

④ 再生可能エネルギーを加え、基準一次エネルギー消費量を75%以上100%未満の一次エネルギー消費量削減

 

 

経済産業省の定義の解説

【一次エネルギー】

石燃料や核燃料、太陽熱、太陽光、水力、地熱、風力など、自然界に存在するままのエネルギー源のことです。これに対してガスや電気など、一次エネルギーを利用しやすい形にしたものを二次エネルギーと呼びます。ゼロエネ住宅の消費エネルギーを計算する場合、二次エネルギーは一次エネルギーに換算して計算が行われます。

 

【省エネ性能の向上】

換気や断熱、採光の工夫によって、住宅が消費する電力などのエネルギーを最小限に抑えた建築をするということ。空気の温度差を利用して自然換気を行う家や、夏場の日照による室温上昇を防ぐ建築などがあげられます。

 

【エネルギーの面的利用】

それぞれの住宅が個別に省エネルギー対策をすると無駄が多く効率が悪くなるため、地域単位をひとまとまりとして(面的に)エネルギーの利用効率を高めること。燃料電池の共有や排熱の二次利用など。

 

【オンサイトでの再生可能エネルギーの活用】

「オンサイト」とは「その場」の意味です。つまり、住宅が必要とする電力などのエネルギーを、住宅に設置した太陽光発電システムなどによって賄うという意味と考えて良いでしょう。

 

以上から経済産業省によるゼロエネ住宅の定義を要約すると、「省エネの工夫で消費エネルギーを減らし、使うエネルギーは自ら作り出す住宅」ということになるでしょう。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

弊社では、2020年までに新築住宅の50%以上をZEHとして販売することを目指しています。

お問い合わせ・資料請求フォーム
ページトップ
Copyright ©2016 (株)富士建築事務所 All Rights Reserved.